Top Pageへ         


   
2010年(平成22年)12月28日  火曜日

Q.
  当社はお菓子を販売しようと考えていますが、商品名を商標登録した方がよいでしょうか。
  商標権について教えてください。


A.
 商標とは、商品やサービス(役務)に付けるマーク(標章)をいい、文字・図形・記号で表されます。例としては商品マークとして「SONY」「カルピス」など、役務マークとして「ANA」や宅配便の「クロネコ」の図形などがあります。
 商標は登録することにより商標権という権利になり(登録主義)、@商標の使用を他人から妨げられない権利(使用権)A他人の類似商標の使用を禁止する権利(禁止権) ―が生じます。商標権侵害に対しては、民事上は侵害の差し止め請求、侵害行為により作られた物の廃棄などの請求、損害賠償請求、信頼回復措置などの請求をすることができ、また侵害者は刑事罰の対象にもなります。
 商標を使用するのに登録をすることは必須ではありませんが、登録することによって商標権が生じ、他人が紛らわしい商標を使用した場合に差し止めなどができるメリットがあります。
 逆に登録をしていない場合には、他人がその商標を後に登録すると、今まで使っていた商標を使用することができなくなる可能性があります。先に商標を使い始めたとしても、登録していなければ原則として保護されません。
 お尋ねのケースでも今後安心して商標を使用するためには、商標登録をした方がよいです。また会社の名前をそのままブランド名として使う予定がある場合には、商号登記だけでは十分ではないため、あらかじめ商号部分を商標登録しておくことをお勧めします。

 なお商標登録はすぐにできるわけではなく、特許庁に商標登録願という書類を提出し、半年から1年ほどの期間をかけて審査され、パスしたものだけが登録されることになります。



法律あれこれ 一覧へ


Copyright(C)2009 Matsuda law office All Rights Reserved.