Top Pageへ         


             
2009年(平成21年)12月1日  火曜日

Q.
 長期間消費者金融から借入をしていました。任意整理という手続きがあると聞きましたがどのような手続きですか。



A.
 任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せずに消費者金融業者と交渉をして、借金を減額する手続きです。
 減額することができる理由は、ほとんどの消費者金融が利息制限法に違反した貸し付けを行っていたからです。利息は利息制限法と出資法という2つの法律で定められています。利息制限法の上限は年15%(元金が100万円以上の場合)ですが、これに違反しても罰則はありません。一方、出資法の上限は年29.2%と定められており、これに違反すると罰則が課せられます。
 そのため、罰則のない利息制限法を守らずに、出資法ぎりぎりの利息で貸し付けを行う業者が多かったのです。任意整理では利息制限法を超えて支払った分を元金に充当して借金を減らすことになります(なお、法改正により出資法の上限も20%に引き下げられることになりました)。
 弁護士など法律家が任意整理の依頼を受けると、受任通知という文書を業者に送り取引履歴を請求します。この受任通知により業者からの支払い請求が止まります。取引履歴をもとに利息制限法による引き直し計算を行い、借金の残額を確定します。取引期間が長期間であれば借金がなくなったり、過払い金といって支払い過ぎによりお金が戻ってくる場合もあります。
 任意整理のメリットは借金の減額や、今後の利息のカットの交渉が可能という点にあり、デメリットは信用情報機関(ブラックリスト)に情報登録されて今後の借り入れが困難となること、取引期間が短い場合など借金があまり減らないこともあることです。
 一度弁護士など、法律の専門家に相談されるとよいと思います。



法律あれこれ 一覧へ


Copyright(C)2009 Matsuda law office All Rights Reserved.