Top Pageへ         


               
2008年(平成20年)11月1日  土曜日

Q.
  月7万円で住居を借りていますが、半年前に大家さんから家賃を10万円に値上げするという通知がきました。値上げに応じることができないと考え以前の家賃を持って行きましたが、大家さんは受け取ってくれません。やむなく供託していましたが、先日大家さんから家賃を払わないから契約を解除するという通知がきました。どうしたらいいですか。



A.
  家賃額に争いがある場合、最終的には裁判で適正金額を決めることになります。裁判では、証拠調べ、鑑定人の意見を聴くなどするため、適正額が決まるまでにある程度時間がかかります。
 適正額が決まるまでの間、いくら払えばよいか迷われるかもしれませんが、借地借家法では、家主からの増額請求に対して、借家人は相当と思う家賃を支払えばよいことになっています(借地借家法32条2項)。
 支払うといっても、本件のように大家さんが受け取ってくれない場合には、あなたが考える「相当額」を法務局に供託すればよいのです。 あなたが従前の家賃額を相当と考え、その額を供託しているのであれば、未払いにはなりません。
 ただ、後に月額10万円が適正との裁判が確定した場合には、供託額との差額3万円について、その支払期から年1割の利息を余計に支払わなければなりません(借地借家法32条2項但し書き)。
 ですから、裁判確定までは適正と思う賃料額を供託し、仮に裁判でそれより高い金額が相当額とされた場合には、不足額と1割の利息を支払えば、家賃の未払いにはなりません。
 従って、あなたには家賃の未払いはなく、大家さんからの契約解除の通知に効力はありません。賃貸借契約は継続していますので、心配する必要はありません。


法律あれこれ 一覧へ


Copyright(C)2009 Matsuda law office All Rights Reserved.